男一匹!引き寄せの法則野郎

男が引き寄せの法則で成功するぜ!野郎だって引き寄せたいんだぜ。

引き寄せの法則で理想の彼女作るときの注意~俺の潜在意識モテ体験談

f:id:hikiyosespirit:20171218095222j:plain

オッスオッス!

今日も元気にアトラクティングしてるんだろ?
ビンビンの波動、感じるぜ!
おう、頭んなかもうヴィジュアライゼーションでパンパンじゃねーか!

さて、今日はオレがモテ期を引き寄せたときの経験談を書くぜ!

潜在意識シゴいてモテモテになったあの頃…
同時に、オレは理想の彼女を引き寄せた

そして今、オレの隣りで眠るのは誰なのか!?

女を引き寄せるのに成功しそうなノンケに注意点も書くぜ。

潜在意識使ってモテる男になった!

「オレはモテモテだ…魅力的な雄野郎だ!」

声に出して言う。

ビキニパンツ一丁で鏡に映ったオレは日本一の伊達男になっていた。

…要はアファメーションがガンギマリで自信が溢れてた時期。

潜在意識のブロックが完全に外れたオレはモテ期を引き寄せていた。。。

この状態に入るまで2ヶ月かかった。
モテ経験がある野郎なら2週間くらいでイケるんじゃないかな。

この頃は会社でも飲み屋でも女に声かけまくるし、連絡先ゲット率は80%軽く超えてたかな。

職場のスケ2人(バイトの子と派遣の子)、飲み屋で5人くらいよく会う女がいたんだぜ。

派遣の子なんかマジ不思議なくらいガチ惚れしてくるし、ナンパした女も怖いくらいスムーズだったぜ。

今思うと軽く躁状態だったが、自分のモテポテンシャルは潜在意識を変えれば引き出せるってことを強烈に理解したモテ期だったぜ。


引き寄せの法則で理想の彼女が現れた!

女遊びを楽しみながらもオレは早くも言ってみたかったあのセリフ。。。「女なんて飽きたぜ」を一人つぶやくようになっていた。

理想の彼女が必要だった。

このとき、すでにオレにしっぽりハマる嫁を宇宙にお願い済み。

連日の女遊びで疲れて会議室で昼寝してたら、「○○さんですよね?」声かけて来る奴がいる。

起きれば午後からその部屋を使うらしく準備に来ていた事務のO江さんがそこにいた。

その先の展開はよくある感じで、何度か会う(夜遊びしてたから会議室昼寝が日課になってたし彼女も午後定期的にそこ使ってたから)、外で会う、雄と雌になるって感じで進んだ。

結婚を考えるような彼女を昼寝しながら引き寄せたと聞いたら、「眠りながら成功する」のマーフィーアニキも喜ぶだろうナッ!

女を引き寄せるのに成功しそうになったら注意!

しかし、この頃オレはモテ期のモメンタムでブレーキが完全に故障していたんだナッ。

平日は都合のいい女たちに会う、週末は彼女家に呼んで2人きりのまじめな恋活パーティを開催。
ヤリ○ン根性、丸出しでな。

そんな生活は当然、長くは続かず。。。

ナンパした女たちは何度も会えば冷めてくるし、オレに惚れこんでた会社の派遣の子が社内ネットワークでオレの噂を流したらしく、彼女の耳にも入ってたんだナッ。

あえなくオレはもとの一匹の孤独な雄野郎になっていた。。。

大抵、野郎が女を引き寄せの法則で作るってなると、モテと本カノ、両方同時に手に入れようとするんだよナッ。

別に女遊びしたってかまわない。
好きなだけモテ期エンジョイしてから、結婚したい女と出会えばいいゾ。
だけどな、順番間違えて同時にモテと理想の彼女引き寄せるのに成功すると人生失敗するぞ!
これが注意点で、今日書きたかったことなんだぜ。

くれぐれも結婚後、不倫に走るような軟派なマネはしないでくれよナッ!